私のレーシック体験記

 

43歳からの裸眼生活

 
 

中学の頃から始まった近視は,

高校生の時にはすっかり眼鏡の生活になっていました。

ラーメンを食べる時も、プールで泳ぐ時も、

不自由でしかたありませんでした。

 

そこでコンタクトレンズにしてみましたが、

乱視が強い私は、ハードコンタクトレンズでした。

これが、ホコリが眼に入ると痛い!痛い!

そしていつも目が充血気味でした。

医師を目指していた私は、

「眼科医になって近視を治すぞ!!」と

心に決めました。

(レーシック手術はまだ世に出てませんでした)

 

自分が手術を受けるため、そして患者さんの近視も治すため

レーシック手術の勉強と習得に取り組んできました。

中学生から早何十年、私は念願のレーシック手術を受けました!!

やっと裸眼の日々が送れる日がきました。

 

手術中は目の前に見える機械の赤いランプを見ていると

10分ほどで、アラヨアラヨという間に終わりました。

手術直後には0.2ぐらいの見え方になっていて、

手術日夕方には、食卓の物が見えました。

一晩寝て、翌朝にはビックリ、掛け時計の文字が見えるでは

ありませんか。視力は1.0ぐらいあり、車の運転も眼鏡なしでした。

 

手術は皆様が思うほど痛くありません。

今まで多くの方を手術をしてきて、患者さんに

快適に見えることに感動してもらえて、とても嬉しく思っています。

毎回、毎回、皆様の視力が良くなることを楽しみにして手術しております。

 

それでは手術室でお会いしましょう。

 

院長